全身脱毛の施術にかかる期間

全身脱毛の施術にかかる期間はどれくらいでしょうか?

 

全身脱毛をやってもらう場合、短期間で済んでもお金がかかる医療機関よりは、時間がかかっても料金の安いサロンでの脱毛を選ぶ人が多いと思いますが、では具体的に平均すると、どのくらいの期間がかかるのでしょうか。忙しい現代人にとっては、例え脱毛のこと1つをとっても、予定がしっかり立たないことには、毎日のスケジュールが回っていきませんから、是非事前に先々までの通いのスケジュールを立てておくようにしましょう。

 

サロンでの全身脱毛は、大体何処のお店でも毎月1、2回の施術で1年以上の期間が必要であることが多いです。やってもらう部位の数にもよりますが、このペースでいって、4回から6回の施術で終了するのが一般的です。サロンによっては各部位を月2回づつの施術で脱毛していき、1年で終了させる24回タイプというのを実施している所もあります。これですと毎月2回づつ行く必要がありますが、4から6回タイプは数ヶ月に1度行って、1年で終了ということになります。またリンリンのように8回の施術を2年かけて行う所もありますし、銀座カラーやシースリーのように、期間無制限で施術をするサービスを行っている所もあります。なお、リンリンでは1年4回か3年12回のコースもあるそうです。また初回来店の人に限り、全身VIPコースのみで3年15回の特別コースも用意されているとのことです。

 

これらの期間の算定は、あくまで平均値ですので、どれくらいの期間で終わるかは、個人個人の体毛の量で違いがでてきます。少なければ場合によっては早く済みますし、逆に剛毛ですと、10回以上通わなければならない人もいます。自分は剛毛なのではないかと思ったら、期間や回数の指定されたコースよりも、回数や期間が無制限のコースのあるサロンを選ぶと良いでしょう。

 

このように一部例外もあるとは言え、多くのサロンが、数ヶ月の間を置きながら1年前後で全身脱毛の施術を行うのには、ちゃんと理由があります。それは毛の生える元である毛根細胞に、成長期や退行期或いは休眠期があることと関係しているのです。施術によって一端脱毛が行われますと、毛根細胞は毛が抜けてしまったとみなし、また毛が生えてくるまでの休眠期に入ります。別の要因で毛が抜けても理屈は同じです。全身脱毛に携わる人たちは、この休眠期の毛根細胞には手をつけないのが通例なのです。毛根細胞の休眠期が終わり、また毛が生えてくるまでの期間、つまり休眠期が完全に終わって成長期に入り、また毛が生え揃うまでには、大体2カ月かかると言われています。

 

要は、施術と施術の間に約2カ月期間をおくというのは、毛の生え方の周期に合わせたやり方であるということです。その繰り返しによって、段々毛の生え方が内場になっていって毛の量が減り、毛を生えにくくしていくのがサロンでの脱毛のスタイルなのです。但し、この周期も体毛の部位によって若干ばらつきがあるので、全身の中でどこの体毛を脱毛するかによっても、かかる期間は変わってきますから注意が必要です。

 
page top